戸越 戸越銀座 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 戸越銀座校】にお任せ下さい!

menu

戸越 戸越銀座 実績抜群の個別指導塾 学習塾|英才個別学院 戸越銀座校

読書感想文の書き方ポイント②読書感想文の文章の構成

戸越銀座の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 戸越銀座校】の佐藤です。

前回の続きの読書感想文の書き方についてお伝えします。

今回は前回お伝えした質問事項を用いての文の構成についてお伝えします。

文章の構成というと難しく感じるかもしれませんが要は、書く順番です。

「読書感想文を書くための10の質問」の答えを

文章として書いていく順番を決めます。

簡単に書くために基本的には3部構成で考えましょう。

①さいしょ
 自分が感じたこと、読むきっかけ
②なか
 作者や登場人物の考え方、共感した部分など
③まとめ
 自分の考え方、自分が取り組みたいこと

それでは、各部について詳しく解説していきましょう。

[①さいしょ]

A.自分の気持ちをどんどん書く

 [質問項目の①の答えです]

 読書感想文を読む人(審査する人)が最初に読む部分です。

 その人はきっとたくさんの生徒の読書感想文を読んでいることでしょう。

 その中の一つとしてあなたの読書感想文が読まれるわけです。

 できれば、関心を持って、読んでもらいたいですよね。

 関心を持ってもらうということは

 「共感」してもらうということです。

 それには、

 まずは自分が感じた「感情」を思い切って書いてみましょう。

 本を読んで

 ○○は楽しいなと感じた

 ○○はとても悲しいと感じて涙が出そうだった

 嬉しい気持ちになって、わくわくしてきました

 たくさんあってもOKです。

 自分の素直な気持ちを勢いよく書いていきましょう。

 気持ちがのった文章は読む人の心をつかみます。

B.どうしてこの本を読もうと思ったのか?

 どうしてこの本を読もうと思ったのか、

 自分の素直な意見や気持ちを書いてください。

[質問項目の②の答えです]

 間違っている?ふざけてる?

 と思うようなものでもかまいません。

 素直な気持ちを表現してください。

 例えば、

 「僕は戦争のゲームを日ごろからよくしているので、

  戦争が題名の本に興味があって読んでみました。」

 というようなものでも良いでしょう。

 さらに内容をふくらませてみても良いでしょう。

 「戦争はゲームの中でいつも楽しんでいたので

  とても楽しいものだと思っていました。」などです。

[②なか]

作者や登場人物の考え方、共感した部分など

A.本全体のテーマについて書く

 [質問項目の④の答えです]

 ここで注意したいのは、絶対に本の内容の解説をしないことです。

 本の中で作者や主人公が全体を通じて

 どのように行動し、どのように考えたのかを書きます。

 本の内容の解説はなるべく短くするか、思い切って「書かない!」というのもありでしょう。

 読書感想文は、課題図書の解説文を求められているのはありません

 本の内容を書いても意味がないと考えてもいいでしょう。

 それよりも、自分が感じた作者や主人公の考え方を表現しましょう。

 例えば、

 「戦争がテーマの本でしたが

  命の大切さ、家族の大切さを強く感じさせました」というように、

 本の中身や解説よりも自分が感じたことに重点を置いて書くようにします。

B.どうしてそれがテーマだと思ったのか?
 [質問項目の⑤の答えです]

 自分がテーマだと感じたことについて自分の意見や感じたことを書きましょう。

 できれば、自分の状況に置き換えてみるのもいいかもしれませんね。

 例えば、

 「家族がいなくなる場面を読んだ時、

  とても悲しい、寂しい思いを自分の中で感じました。

  普段の自分を振り返ってみると、家族がそばにいるのが当たり前

  むしろ、うっとおしいとさえ思っていたように思います。」などです。

C.自分と共通する、共感するようなことを書く

 [質問項目の⑥~⑦の答えです]

 本の登場人物や作者と自分が共感できるような場面

 逆に自分とはまったく違うような考え方や行動がでてきたら

 読書感想文の中で表現してみましょう。

 例えば、科学の本であれば

 「作者は、実験結果をみちびきだすために

  あらゆるパターンの実験を繰り返し、

  きっと、信じられない数の実験をしたのだと思います。

  自分にはここまでの信念や執念、粘り強さはとてもありません」

 すごいな~と思ったことや驚いたこと。

 自分だったら○○というように書いてみましょう。

本日はここまでです。次回のブログではまとめの部分をお伝えします。

戸越銀座校では、生徒たちとのコミュニケーションの中で、本を読んだ後の感情を

引き出し読書感想文に関しても1つ1つの宿題がきちんと身になるようアドバイスをしています。

ご家庭において、このような場面はございませんか?

子「読書感想文教えて?」

保護者「本は読んだの?感想を書けばいいのよ。」

子どもにとって何ページもある本を読んでその感想を書くということは至難の業です。

また保護者様にとっても読書感想文、または作文の指導というのは算数のドリルなどと

くらべると非常に難しいことなのではないでしょうか?

夏休みの宿題で最後に残りがちな【読書感想文】。当学院で終わらせませんか?

ぜひお気軽にご連絡下さい。

お盆休み

*****英才個別学院 戸越銀座校 概要*****

【授業時間】  ①17時00分~18時25分 ②18時30分~19時55分  ③20時00分~21時25分

【対象】小学生・中学生・高校生・既卒生

【教室へのお問合せは】

当教室ホームページからお問い合わせください。http://eisai-togoshiginza.com

②当教室までお電話ください  03-5749-4545

(平日15:00~21:00 土曜14:00~20:00 日・祝休み)

どうぞ、教室に一度、お立ち寄り頂いてお気軽にご相談下さい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

英才個別学院  戸越銀座校 フェイスブック
英才個別学院  戸越銀座校 ツイッター
英才個別学院  戸越銀座校 YouTube チャンネル
英才個別学院  戸越銀座校 Google+